体験談紹介「子連れママ」

恥ずかしながら私はバツイチで子持ちです。それも8歳の息子がいます。
出会い系サイトは、興味本意からのきっかけでした。ですが、運命でしょうか。そこで再婚を考えられる女性に出会ったのです。
私の友人にそのことを話すと出会い系だけに大反対をされました。
その上、彼女は、バツイチなのです。でも彼女の素晴らしさや真剣さを知ってもらいたく,実際に会ってもらいました。
するとその気持ちが通じて、今では二人の仲を応援してくれるようになりました。
友人の反応は、世間の皆さんの反応と一緒でしょう。
やはり、優良出会いサイトとはいえ、社会的に受け入れ無い部分があります。
どうしても、ニュースなどの犯罪情報などが多くきかれますから、いい印象は持てないはずです。
ですが、私の出会ったこの女性には、息子もよくなつき、私がいないときには、よく買い物まで行くようです。
興味本意でしたが、プロフィールには嘘を書くことができず、バツイチで子持ちのことを正直に書きました。出会いたい気持ちはあるものの、私の中で、本当に分かってくれる人を求めていたのでしょう。
すると、4人の女性からの返答がありました。いろいろとやり取りをしてわかったことは、私のように、バツイチで子供はいるけど、自分をわかってくれる人を探している人が多いのです。
ですから、子持ちだとか、バツイチだとか、あきらめてしまうことはありません。
出会い系サイトでは、いろんな事情の方が利用されていますし、理解してくれる人が必ずいるものです。
その中で、自分の事情と趣味や趣向と会う人は必ず見つかるはずです。
あきらめずチャレンジしてみましょう。
ひとつアドバイスですが、サイトを選ぶときには、世代が高いサイトを選ぶほうがおすすめです。

真剣交際を望む女性に対する男性のアプローチ

男性と違って女性はすぐに出会いを求めない。
女性は慎重派――これを理解しなければ女性の気持ちを理解したことにならない。
男性はすぐにデートしたがる。
しかし女性はまずはメール交際で相手の性格なり人格なりをつかんで、大丈夫!と思ってから直接対面を考えるものだ。
男性が女性のターゲットを絞ってメール交際が始まっても、すぐにデートできると考えるのは間違い。
相当のステップを踏まなければあなたはデートの相手として合格しないのだ。
実際にデートする――こうなってもトラブルがあるのは土壇場キャンセルなど。
女性の場合が多い。
実際に合うとなると不安になってしまう。
だから土壇場でやめてしまう。
そういった不安を取り除くにはアドレスを交換したりして直接声を聞かしておくことだ。
そうすれば気持ちも落ち着くだろう。
待ち合わせ場所も、遅刻は絶対NG。
早めに行って少し離れたところでまってあげよう。
女性からは声がかけにくいからだ。
あなたから声をかけるようにしよう――こういった気配りが大事。

出会い系以外でも積極的に

出会い系で成功者になる条件――それは積極性である。
サイト内を小まめにチェックすることも必要だ。
掲示板の書き込み。
プロフィールの更新。
こういったこともまめにするように意識しよう。
最近では日記機能があるサイトもある。
更新は小まめにする方が吉。
内容などんな些細なことでもOK。
頻繁に更新することを心がけることだ。
自分を目立たせようと嘘をつくのはNG。
常識的な範囲でマナーを守りたいものだ。
自己PRも大事だが、相手からのメールがあれば極力早く対応しよう。
だから積極性が大事なのだ。
そして積極性は出会い系以外でも発揮できるようになる。
けれどもガツガツしてはいけない。
直アドを聞きまくったり、デートを誘いまくるのは歓迎されはしない。
たとえばコミュニケーションアプリで仲良くなる方法もある。
出会い系は後ろめたい雰囲気があるが、コミュニケーションアプリはそういうことがない。
コンテンツも豊富だから楽しく過ごせるだろう。
楽しい時間を過ごすためにいろいろとアプローチしてみよう。

出会えるサイトはどのように見つければ良いのだろう

出会い系サイトを利用する男性は、悩みを持っている。
どのサイトを利用すれば多くの女性をつくることができるのか。
そんなセコいことを考えているから、女性をゲットできないのだ。
男女関係など確率で考えるのでない。
確率が高いサイトだから女性と知り合えるなんてありえない。
大体出会い確率など、どのように統計をとるのだ。
カップルになったらいちいち報告するのだろうか。
その場合、確率を出すならどれだけアプローチしたのか数が必要だ。
そういった数をいちいち覚えている人がいるだろうか。
要するに出会いの確率など眉唾ものだ。
自社サイトが有利であるとする印象操作にすぎない。
出会い確率などを前面に出しているサイトは悪徳業者や悪質会社が運営する出会い系サイトである。
また、出会い確率をまことしやかに記載している記事は偽記事だ。
そして「優良」な出会い系サイト。
何が「優良」なのかどうかは、個人によって違う。
このサイトは「優良」な出会い系サイトであるからおすすめ――こういった記載をしている場合は、そのサイトの関係者か、サイトからお金を貰って推薦しているサイトにすぎない。
いわゆるアフィリエイトサイトだ。
そしていまだかつて昔のように運営会社名・所在地・電話番号・メルアドがキッチリ記載されていれば安心としている記事がある。
しかし、出会い系サイト規制法ができて、こういったことは義務化されている。
悪徳業者や悪質会社が運営する出会い系サイトならば、こういったことをキッチリ押さえているはずだ。
甘い考えは捨てたほうが良い。
古い判断基準を書いていると初心者は鵜呑みにしてしまう。
事実、しっかりとした情報を公開している悪徳業者や悪質会社が運営する出会い系サイトも存在するのだ。
また未だに「完全無料」の出会い系サイトをお薦めしている――こんなサイトがある。
しかし実際には凄い勢いで「完全無料」の出会い系サイトは閉鎖に追い込まれている。
SNSサイトに取って代わられているからだ。
結局のところスポンサーが付かなければ「完全無料」の出会い系サイトは運営できない。
ではどうするか、悪徳業者や悪質会社が運営する出会い系サイトのダミー窓口サイトとして存在していくしかなくなるのだ。
間違った記事によって多くの初心者がどんどんと騙されいるのが最近の出会い系の実態だ。

出会い系のバリエーションが多くなったので熟年層が利用しやすくなった

出会い系のバリエーションが増えてきて出会いを求める年齢層が拡大している。
食生活・ファッションなどライフスタイルが欧米化している。
最近は熟年層もなにごとにもアクティブになって柔軟な考え方をする。
一方で結婚年齢が高くなっている。
またできちゃった婚で安易に結婚してしまい、離婚率も上昇している。
最近では中高年層を専門とした出会い系サイトも珍しくはない。
これだけ身近になっているのは利点があるからだ。
パソコン・スマートフォン・携帯を持っていれば、誰でも簡単に登録できるからだ。
けれどもデメリットもある。
それは家族に利用していることがバレることだ。
出会い系で不倫までしていなくても、利用していることでネガティブな印象になる。
これを克服する提案が今回の目的だ。
近頃人気のコミュニケーションアプリを使うことである。
若い世代やお子さまも利用しているからご存知の人も多いだろう。
このコミュニケーションアプリでさえも、熟年層に拡大してきている。
コミュニケーションアプリで繋がっておけばメールも通話も無料。
出会い目的で使っていても通信料を節約するためと言い訳ができる。
コミュニケーションアプリにより簡単にメール交際ができるようになる。

出会い系での国際結婚が身近になってきている

最近では外国人男性と交際ができる出会い系サイトもある。
国によっては宗教上の理由で制限されている場合もある。
しかし大抵の先進諸国ならば利用できるので大きな伸びを示している。
リアルの場面ならば、諸外国の人たちが集まるような店舗に顔を出さないと男性と知りあない。
けれども外国人も利用できるサイトや海外の出会い系サイトを利用すれば知りあえないこともない。
問題は日本に住んでいるかどうかになる。
日本の男性達は<草食系男子>と揶揄されるほど恋愛には及び腰である。
だから結婚するならば外国人男性の方が日本人女性にとっては幸せになれる可能性が高い。
欧米の男性は日本文化に興味があり日本通の人が多い。
また日本女性は欧米人の男性にとても人気がある。
そういった人たちが日本国内に住んでいる可能性が高い。
こういった条件があるのでタイミングがあえば交際に進展するだろう。
相手が外国に在住の場合は遠距離恋愛で大変。
電話代金もかさんでしまう。
そんな場合はコミュニケーションアプリを使えば問題解決する。
日本では抜群の人気のコミュニケーションアプリであるが、海外でもシェアを伸ばしており、すでに二億人のユーザーがいるのだ。

コミュニケーションアプリを使って相手の警戒感をなくそう

パソコン以外のスマートフォンや携帯電話やタブレットで出会い系サイトが利用できる便利な時代。
気軽に利用できるのである。
にもかかわらず出会いのチャンスに恵まれないかわいそうな人たちもいる。
本当に出会えるのか――そんな疑いを持っていて利用しないからである。
これまでの人生で出会いに恵まれなく縁遠い人たちでも、少なくても出会いのチャンスは増えるだろう。
まずは登録する出会い系サイトが悪徳業者や悪質会社が運営する出会い系サイトであることが基本である。
また気に掛かる女性が見つかったら、いきなり恋人関係にはなれないからメール交際から始めることだ。
信頼のおける出会い系は女性向けの週刊誌やレディコミなどに頻繁に宣伝広告や特集記事でとりあげられている。
そんな女性会員を積極的に獲得しようとしているサイトが最も安全でおすすめである。
気軽なメール交際が結構難しい。
出会い系サイトに登録している女性だから、全部が男性に門戸を開いているさばけた女性でもない。
どちらかと言うと保守的な女性のほうが多いのだ。
だからその警戒心を緩和する方法が必要だ。
従来であれば、サイト内でメール交際が順調になれば直アドを交換して――という方法が典型的だった。
けれども女性はプライベートなメルアドをなかなか教えてくれない。
だからコミュニケーションアプリを使えば良いのだ。
よかったら繋がろう――なんて今風の提案をすれば以外と簡単に教えてくれる。
そこで親しくなってデートに至ればOKだ。

複数の対象者とやりとりする場合はタイプを絞ろう

メール交流を複数の女性としている男性へのアドバイス。
ハンドルネームを間違って送ったりしていないだろうか。
大抵の女性はそういったことを見つけると「いい加減な人だ」と烙印を押してしまう。
出会い系で直接対面を果たしたいならば、名前を間違えるなんて言語道断。
多くの女性に積極的にアプローチすることは多いに結構だ。
けれども誰もかれもではなく、自分の好みのタイプは絞るべき。
自分自身を客観視しよう――本当に出会いたいタイプはどういった人物像なのかを。
あなたが多重人格者で、10歳年上・10歳年下・同年代に器用に対応できるなら問題はないかもしれない。
世代によってメールの書き方は工夫しなければならないし、言葉遣いはとても重要だ。
文章力がある人なら上手にこなすだろうが、文章力に自信満々である人は少数派だろう。
同年代でも敬語ばかりのワンパターンならば堅苦しいと煙たがられる。
しかし、年上相手ならばもちろんのこと敬語が当然だ。
言葉遣いならばまだしも、送信相手を間違うなど言語道断だ。
ひとつの理由は多くの女性を相手にしすぎていることだ。
相手はあなたのイメージ通りの相手を厳選して、常にいつものあなたが出せるようにしておこう。
そうすれば心が揺れることもなくミスもすくなくなる。
別キャラを演じようとすると無理が生じてくるわけだ。
近頃では出会い系サイトとは別にコミュニケーションアプリが大流行であるが、スマートフォンが主流になってきている影響だろう。
コミュニケーションアプリでの言葉遣いは基本的には友だち感覚だ。
コミュニケーションアプリを通じて友だち同士になり出会いに発展することもあるようだ。
こういった新しいメディアにも積極的にチャレンジすることで出会いは膨らんでくる。
この場合も同じで等身大のあなたを出せるようにしておけばデートしたときも事前イメージとのギャップがすくなく男女交際に進むチャンスが期待できると思う。

プロフィールに写真がなくても心配ない

あなたが出会い系で女性にアプローチするとき。
どういったことを決め手にするだろうか考えてみよう。
プロフィール内容だろうか。
いや――本音は顔写真だと思う。
相性が良くても顔が見えないとメール交際も継続しにくいものだ。
けれどもプロフィールに顔写真がなくてもアプローチしないのも考えものだ。
なぜならばサクラは男性が顔で判断するという性格を見抜いて地雷を仕掛けているかもしれない。
普通は、会員制でもインターネット上に自分の顔を公開するのは警戒するはず。
どうどうと出している場合はサクラがどこからか入手した写真の場合が多い。
またはインターネット初心者の女性の場合だ。
だから写メを堂々と公開している相手はアプローチ候補からはずそう。
掲載していても目や鼻から下を隠したりしている女性にしておくべき。
写真を公開していない女性にアタックして返事があったとしよう。
あなたは相手の顔が見たいだろう。
写メの添付をいきなり申し出るのは良くない。
あるていど親しくなったらコミュニケーションアプリを利用すればよい。
コミュニケーションアプリはネットワークを構築している。
高確率でプロフィールに写真を使ってるはず。
このやりかたの場合はした心見え見えの顔写真をリクエストをせずにスマートである。

自己PRが過ぎるのは駄目、質問をすることも忘れずに!

メール交際を希望する人たちは出会い系で良い印象を持っていただき恋人関係になりたいと思っているだろう。
まずは恋人関係の前にメール交際できなければならない――いきなり恋人関係になれるはずがないのだから。
相手のことをいろいろと知った上で、「この人なら大丈夫」と思ったら、まずはメール交際をするはず。
単純にメル友になるだけで良いのならば、会えて出会い系サイトを利用することはない。
普通の掲示板でも十分だ。
例えばコミュニケーションアプリを利用して、いろいろな人たちに話しかけようとする人もいる。
ショートメッセージでチャット的にやり取りをし、知らない間に親しくなるという特徴がコミュニケーションアプリにはある。
けれども、ここでは出会い系サイトの話しだから、まずは自己PRをしなければ話しにならない。
ファーストアプローチのメールを書いたら、必ず読み返そう。
場合によれば意味不明な表現もあるかもしれない。
別の解釈をされて誤解を生んでしまうかもしれない。
自分のことをきちんと理解してもらおうとしてあれもこれもと書き加えていく。
そうなると長文になってしまったり、論理矛盾を起こしてしまうこともある。
受け取った方は、こんな長文など読むのも面倒だからやめておこうとなる。
書きたいことが山ほどあっても、それは親しくなったら小分けして送ればよい。
徐々に人間性を理解していただければ良いのではないだろうか?
このメールは趣味に関して記載している。
このメールはエピソードに関して記載している。
メールのタイトルを記載しておけばとてもシンプルなメールになるから読んでもらえる確率がアップする。
そして趣味があう相手にアプローチする場合は当然趣味の話題にもふれて、相手に対する質問事項を書いておくようにすると返事を貰えやすくなる。
一度に多くの情報を伝えるよりも、頻繁にメールのやり取りをして言葉のキャッチボールをしているほうが仲良くなってきているというイメージを与えることができメール交際をしている実感ができる。

勝負写真を補正するのは駄目

掲示板で親しくなった人と写真を交換することに。
そんな場合は映りの良い写真を選びたい。
これまでは掲示板のチャット・プロフィール欄からあなたの人物像を妄想しているはず。
だから全身が映っている写真には期待満々だろう。
まずは服装……。
細く見せたいと思うならば黒。
豊満なボディを強調したいなら白を基調にしよう。
白と黒のコントラストは固いイメージになりがち。
ワンポイントとして大きめのネックレスを使うとバランスがとれる。
小顔に見せたいならば、ハイネックはさけよう。
デコルテが強調されるのも駄目!
首が長く見えるタイプの襟付きのシャツやワンピースがお薦めだ。
次は髪型……。
あまり明るすぎない色ならば、それほど工夫は不要。
これまでにチャレンジしたことがないヘアスタイルは不自然になってしまう。
絶対に駄目なのは、プロクラや加工機能の利用。
男性たちの中では写メ補正とかプリクラ補正と揶揄され嫌われている写真だ。
もちろんPhotoshopなどの画像ソフトでの加工もNG。
いずれは実際に出会うことになる。
自然体でファッションやヘアに気配りした勝負写真ならばデートしたときもギャップがないだろう。

出会い系では内面が最優先で重視される傾向がある

人間の本当の姿は外見よりも内面を見ることだ!――まことしやかに語られるが、どうしても容姿には注目してしまう。
例えば婚活パーティーや合コンだ。
まずは相手のルックスを見て、そのあとでどういった人物像なのかを知りたいと思うだろう。
どうしてこうったプロセスになるんだろう。
それは初対面の相手の性格は短時間で把握できないからだ。
だから、まずは気になる外見の異性にアプローチしてします。
そして交際するかどうかの判断をしてしまうのだ。
では、出会い系サイトはどうだろうか?
はじめのアプローチはルックスはわからない。
ファーストメールの文面だとかプロフィールの印象に目がいく。
そこからどんな人物なのかを想像するのだ。
不思議なものだが、人間は内面的なファクターが雰囲気や顔つきに反映しがち――だから自然と想像し妄想するのだ。
だから誠実であるとか思い遣りがあるとかの人間性が出会いのチャンスに大きく影響する。
ここが出会い系サイトの大きなメリットであると言えるだろう。
糸口さえできれば、日常生活での出会いよりも親密なりやすい傾向も見られる。
学校や会社で「いいなぁ!」と思っている異性がいたとしよう。
でも実際に連絡先を教えてもらうのはハードルが高い。
社交辞令でメルアド程度は教えてくれるかもしれないが、返事をくれる確率は期待できない。