コミュニケーションアプリを使って相手の警戒感をなくそう

パソコン以外のスマートフォンや携帯電話やタブレットで出会い系サイトが利用できる便利な時代。
気軽に利用できるのである。
にもかかわらず出会いのチャンスに恵まれないかわいそうな人たちもいる。
本当に出会えるのか――そんな疑いを持っていて利用しないからである。
これまでの人生で出会いに恵まれなく縁遠い人たちでも、少なくても出会いのチャンスは増えるだろう。
まずは登録する出会い系サイトが悪徳業者や悪質会社が運営する出会い系サイトであることが基本である。
また気に掛かる女性が見つかったら、いきなり恋人関係にはなれないからメール交際から始めることだ。
信頼のおける出会い系は女性向けの週刊誌やレディコミなどに頻繁に宣伝広告や特集記事でとりあげられている。
そんな女性会員を積極的に獲得しようとしているサイトが最も安全でおすすめである。
気軽なメール交際が結構難しい。
出会い系サイトに登録している女性だから、全部が男性に門戸を開いているさばけた女性でもない。
どちらかと言うと保守的な女性のほうが多いのだ。
だからその警戒心を緩和する方法が必要だ。
従来であれば、サイト内でメール交際が順調になれば直アドを交換して――という方法が典型的だった。
けれども女性はプライベートなメルアドをなかなか教えてくれない。
だからコミュニケーションアプリを使えば良いのだ。
よかったら繋がろう――なんて今風の提案をすれば以外と簡単に教えてくれる。
そこで親しくなってデートに至ればOKだ。

複数の対象者とやりとりする場合はタイプを絞ろう

メール交流を複数の女性としている男性へのアドバイス。
ハンドルネームを間違って送ったりしていないだろうか。
大抵の女性はそういったことを見つけると「いい加減な人だ」と烙印を押してしまう。
出会い系で直接対面を果たしたいならば、名前を間違えるなんて言語道断。
多くの女性に積極的にアプローチすることは多いに結構だ。
けれども誰もかれもではなく、自分の好みのタイプは絞るべき。
自分自身を客観視しよう――本当に出会いたいタイプはどういった人物像なのかを。
あなたが多重人格者で、10歳年上・10歳年下・同年代に器用に対応できるなら問題はないかもしれない。
世代によってメールの書き方は工夫しなければならないし、言葉遣いはとても重要だ。
文章力がある人なら上手にこなすだろうが、文章力に自信満々である人は少数派だろう。
同年代でも敬語ばかりのワンパターンならば堅苦しいと煙たがられる。
しかし、年上相手ならばもちろんのこと敬語が当然だ。
言葉遣いならばまだしも、送信相手を間違うなど言語道断だ。
ひとつの理由は多くの女性を相手にしすぎていることだ。
相手はあなたのイメージ通りの相手を厳選して、常にいつものあなたが出せるようにしておこう。
そうすれば心が揺れることもなくミスもすくなくなる。
別キャラを演じようとすると無理が生じてくるわけだ。
近頃では出会い系サイトとは別にコミュニケーションアプリが大流行であるが、スマートフォンが主流になってきている影響だろう。
コミュニケーションアプリでの言葉遣いは基本的には友だち感覚だ。
コミュニケーションアプリを通じて友だち同士になり出会いに発展することもあるようだ。
こういった新しいメディアにも積極的にチャレンジすることで出会いは膨らんでくる。
この場合も同じで等身大のあなたを出せるようにしておけばデートしたときも事前イメージとのギャップがすくなく男女交際に進むチャンスが期待できると思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です