プロフィールに写真がなくても心配ない

あなたが出会い系で女性にアプローチするとき。
どういったことを決め手にするだろうか考えてみよう。
プロフィール内容だろうか。
いや――本音は顔写真だと思う。
相性が良くても顔が見えないとメール交際も継続しにくいものだ。
けれどもプロフィールに顔写真がなくてもアプローチしないのも考えものだ。
なぜならばサクラは男性が顔で判断するという性格を見抜いて地雷を仕掛けているかもしれない。
普通は、会員制でもインターネット上に自分の顔を公開するのは警戒するはず。
どうどうと出している場合はサクラがどこからか入手した写真の場合が多い。
またはインターネット初心者の女性の場合だ。
だから写メを堂々と公開している相手はアプローチ候補からはずそう。
掲載していても目や鼻から下を隠したりしている女性にしておくべき。
写真を公開していない女性にアタックして返事があったとしよう。
あなたは相手の顔が見たいだろう。
写メの添付をいきなり申し出るのは良くない。
あるていど親しくなったらコミュニケーションアプリを利用すればよい。
コミュニケーションアプリはネットワークを構築している。
高確率でプロフィールに写真を使ってるはず。
このやりかたの場合はした心見え見えの顔写真をリクエストをせずにスマートである。

自己PRが過ぎるのは駄目、質問をすることも忘れずに!

メール交際を希望する人たちは出会い系で良い印象を持っていただき恋人関係になりたいと思っているだろう。
まずは恋人関係の前にメール交際できなければならない――いきなり恋人関係になれるはずがないのだから。
相手のことをいろいろと知った上で、「この人なら大丈夫」と思ったら、まずはメール交際をするはず。
単純にメル友になるだけで良いのならば、会えて出会い系サイトを利用することはない。
普通の掲示板でも十分だ。
例えばコミュニケーションアプリを利用して、いろいろな人たちに話しかけようとする人もいる。
ショートメッセージでチャット的にやり取りをし、知らない間に親しくなるという特徴がコミュニケーションアプリにはある。
けれども、ここでは出会い系サイトの話しだから、まずは自己PRをしなければ話しにならない。
ファーストアプローチのメールを書いたら、必ず読み返そう。
場合によれば意味不明な表現もあるかもしれない。
別の解釈をされて誤解を生んでしまうかもしれない。
自分のことをきちんと理解してもらおうとしてあれもこれもと書き加えていく。
そうなると長文になってしまったり、論理矛盾を起こしてしまうこともある。
受け取った方は、こんな長文など読むのも面倒だからやめておこうとなる。
書きたいことが山ほどあっても、それは親しくなったら小分けして送ればよい。
徐々に人間性を理解していただければ良いのではないだろうか?
このメールは趣味に関して記載している。
このメールはエピソードに関して記載している。
メールのタイトルを記載しておけばとてもシンプルなメールになるから読んでもらえる確率がアップする。
そして趣味があう相手にアプローチする場合は当然趣味の話題にもふれて、相手に対する質問事項を書いておくようにすると返事を貰えやすくなる。
一度に多くの情報を伝えるよりも、頻繁にメールのやり取りをして言葉のキャッチボールをしているほうが仲良くなってきているというイメージを与えることができメール交際をしている実感ができる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です